しっかりと安全にムダ毛処理を行うコツと注意点とは!?

脱毛テープを使って処理する場合

脱毛テープを使う場合、場所によってはテープをそのままの長さで使わないようにします。切って使うようにして、貼り損ねないようにしましょう。アンダーヘアなどを処理するにはこの方法のほうが効果的です。肌の状態にも気を配ります。なるべく、水分や油分がない状態を作ることによって、シートが上手く密着するようにするのです。そして蒸しタオルなどで毛穴を開かせるようにしましょう。入浴する方法もありますが、蒸しタオルのほうが電子レンジもすぐに出来るのでおすすめです。テープを剥がす時の痛みはどうしてもついてまわります。あまり強引に剥がすと肌を傷つけてしまう結果にも繋がりますので、優しく剥がすように心掛けましょう。

電動シェーバーを使って処理する場合

脱毛シェーバーは、カミソリよりも肌にやさしく、安全性も上です。カミソリを長く使い続けていると、肌荒れや黒ずみ、色素沈着を起こしてしまうことがあります。ですので、なるべくなら電動シェーバーを使用しましょう。費用に関しても、電動シェーバーはお得です。高いサロンで何十万と払うよりも、自宅で手軽に出来るため、費用対効果も抜群ですし、持ち運びも容易です。シェーバーを使う時の注意点は、あまり肌に押し付けすぎないようにしましょう。押し付け過ぎると、ヘッドの部分が上手く機能しなくなり、脱毛が綺麗に行えません。毛の流れに沿って剃ることも大切です。逆剃りしてしまうと、肌へのダメージが増してしまいます。同じ所を何回も剃るのもNGです。シェーバーを使用した後は、必ずクリームなどを使ってアフターケアをしましょう。乳液やローションを使うのもいいでしょう。

毛抜きを使って処理する場合

毛抜きを使う場合に準備するものは、サランラップやコットン、蒸しタオルなどです。まず、蒸しタオルを使って毛穴をしっかり開いたあと、抜こうとしている周辺を手で押さえます。それから毛抜きを使い、生えている方向に沿いながら、ゆっくりと抜いていきます。時間はかかりますが安全に行うためには大切ですので、根気よく行いましょう。処理が完了したら、冷水でコットンを濡らし、処理した部分にあてて毛穴を閉じていくようにします。最後に保湿ローションやクリームをつけて終わりです。毛の引き抜き方が荒かったりすると、皮膚が必要以上に引っ張られボツボツとした鳥肌のようになったりするので注意が必要です。また、抜く際に毛が切れて残ってしまい、埋没毛になってしまうこともありますので十分気を付けながら行うことが大切です。それぞれの脱毛法の方法や注意点をしっかり理解して、安全に脱毛を行うようにしましょう。

医療脱毛を東京で契約する利点として、プロの美容外科の医師にサポートを受けられることや、施術の回数を自由に選択できることが挙げられます。