脱毛は痛くない方法も選べるので安心してください!

痛くない脱毛の代表格は光脱毛

最近は、光脱毛というものが注目され始めています。昔は脱毛と言えばニードル脱毛が主流でした。これは、非常に痛みの強い手法だったわけです。毛穴に針を差し込んで電流を流すという手法で、我慢ができないほどの痛みが発生することも多かったのです。しかし、徐々に痛くない脱毛方法が主流になってきました。レーザー脱毛はニードル脱毛よりは痛みが少ないです。そして最近は、光脱毛というさらに痛みの少ない脱毛方法が登場してきています。

レーザー脱毛でも麻酔を使えば痛くない

ただ、光脱毛は産毛ぐらいにしか使えないのが問題ですね。濃い毛になると、やはりレーザー脱毛をするしかないケースも多いです。レーザー脱毛はしかし、多少の痛みは発生してしまいます。それすらも我慢ができないのであれば、それはもう麻酔を使うしかないでしょう。医療機関でなら、麻酔を打った上で、レーザー脱毛を進めて行ってくれる場所もあります。麻酔が効いているのですから、痛みはまったく感じません。この方法なら誰にでもできますし、敏感な部分の脱毛も上手く進めていけるはずです。

バルジ領域を潰す新しいレーザー脱毛の手法

今までレーザー脱毛というのは、毛根にレーザー光線を当てて潰していくのが主流でした。というよりも、それ以外に方法はなかったわけです。ですが、今の時代はバルジ領域という場所にレーザーを当てて、発毛を阻害する方法も開発されているのです。この方法なら、痛みはかなり和らぐと言われています。バルジ領域は、毛根に比べると肌表面に近い部分にあります。ですから、その部分にレーザー光線を当てても、あまり痛みを感じなくて大丈夫なのです。

家庭で脱毛する場合は習慣化しておかないとチクチクするような肌になってしまうので、まめに手入れをしておきましょう。